初めてのジム通いダイエットの思い出

以前働いていた職場でジムに通うのが流行っていたのでダイエットにも興味があり職場の人たちと同じジムに通いはじめました。
地元だったので、職場の人たち以外にも友達も何人か通っていたので仕事終わりにジムで待ち合わせをして友達と運動して帰宅する健康的な生活をしていました。

ジムに通うとトレーナーさんに筋トレの方法や有酸素運動や無酸素運動の違いなど教えてもらえて初心者だったので助かりました。
私は二の腕ダイエットをしたかったので、肩甲骨を動かすトレーニングをよくしていました。
職場の人たちもジムに通っていたので仕事の合間にストレッチをしたり立ってできる筋トレなど皆んなでシェアして休憩中などにやっていました。

筋トレの器具や有酸素運動はジムに通っていくうちに飽きてしまいましたが、
そのジムにはレッスン教室がありヨガやピラティス、ダンスやズンバなど色々な教室が毎日時間を決められて開催していました。
なのでジムに通っていた最後の方はレッスンに沢山出ていました。

仕事を辞めるのと同時にジムもレッスンの教室にしか出ていなかったので意味ないかなたら思い辞めてしまいましたが、今考えればジムに通っていた頃が1番痩せていました。
何キロ痩せたいなどの目標もなくただただジムに通っていましたが、通わないよりは効果があったんだなと辞めてから気づきました。